不動産売却一括査定サイトのメリット・デメリット

複数の業者に対する査定依頼を、1回の物件情報などの送信で出すことができる不動産の売却査定一括サイト。
簡単に一度にまとめて複数の業者に対して査定依頼ができる便利さがメリットといえますが、利用することによるデメリットは、提示される査定額はあくまで目安の金額であるということです。
その価格で絶対に売れることが約束されている金額ではありません。
また、業者によって提示額には差があります。
ただし上記のことは必ずしも悪いことではなく、大体どの程度の価値が自分の物件にあるのか把握することには役立ちます。
なお、その価値というのは永続的ではなく下がっていくのが普通ですので、売却を検討しているのであれば、あまり長期間が過ぎないうちに売るための活動を本格的にはじめたほうが良いでしょう。

一方、メリットとしては、仲介ではなく買取の場合、売りに出すつもりの物件に魅力があれば、複数の業者が買取のために名乗りをあげてくることがあります。
不動産の売却を一括査定サイトを利用しての査定依頼するということは不動産会社にはわかるため、競争相手に取られてしまわないようにと、高値で買い取ってくれることがあります。
複数社が名乗りをあげてきたときには、A社の提示額をB社に伝えて、B社がA社より買取額を上げてくれるかどうか確かめるというような、交渉材料にも使えるでしょう。
なお、優良な不動産売却一括査定サイトの情報は、Webサイトの不動産売却のカウンセラーでも得ることができます。